官足法による本格的マッサージで多くの病気や痛みが良くなっています。

喜びの声

MenuBar

喜びの声  

当院では、毎月良くなった方のことを「官足デトックスニュース」として発行していますが、それらをここに掲載します。

ただし、個人の体験を記載したもので、医学的根拠を示すものではありません。


腰痛が一度で良くなり、疲れも取れた
 WMさん(32 才・田上町在住)

 以前、デトックスで腰痛を治して頂いたのですが、最近多忙な日々が続きました。
 そんな中、息子のぜんそくが出てしまい、デトックスで治療をして頂くことになり、ついでに私も一緒に診て頂きました。
 マッサージはやっぱり痛かったです。でもこの痛みが腰痛に効いていると思いつつ、汗をかきながら必死に我慢して治療を受けました。
 前回、足の裏をマッサージして頂いた時は、痛いところは非常に痛く、痛くない所もあったのですが、今回は足の裏のどこをマッサージして頂いても非常に痛く、腰痛だけではなく身体のあちこちが病んでいたんだと思いました。
 治療が終わった時、不思議な様に腰痛がなくなり、足もものすごく軽くなって、とてもスムーズに動けるようになりました。
 腰痛と一緒に溜まっていた疲れも取れたようで、本当に感謝しています。
 ありがとうございました。



糖尿病の値が良くなり、腰・膝の痛みも
なくなって、杖なしで歩けるようになった
 NMさん(83才・田上町在住)

 昨年の11月、新聞のチラシで官足デトックスを知りました。
 糖尿病の方も良くなったと書いてあって、私も糖尿病を良くしたいと思って通うことにしました。糖尿病の薬は1年半ぐらい前から飲んでいて、当時HbA1Cの値は7.7でした。
 マッサージを受けて、まず初めに腸の調子が良くなって驚きました。マッサージは痛かったりしますが、毎回マッサージの後は気持ちが良く、足が軽くなりました。
 特に食事を制限したりもしなかったのですが、マッサージを始めてから3ヵ月後からHbA1Cの値が少しずつ減ってきて、今月は6.7まで下がりました。
 それだけでなく、通い始めた頃痛かった腰や膝も、気がつくといつの間にか痛みがよくなっています。前は、外出の時はいつも杖をついていましたが、今は、近いところは杖なしで歩けるようになりました。官足デトックスにも、今は杖を持たないで通っています。
 毎回車で送り迎えも、とても助かっています。
 今度は、HbA1C値が6.5になることを目指し、ゆくゆくは糖尿病の薬を止める許可がいただけることを願って通いたいと思っています。
(本人談)



手術しなければいけなかった顔面マヒがよくなった
KKさん(48才)新潟市(旧巻町)在住

 普段よりセミが鳴いているような耳鳴りがいつもあった私ですが、5月27日の朝起きると頭がすごく痛くなりました。
翌日耳鼻科に行ってお薬を処方されました。だけど痛みはおさまらず、再度受診し、医師から「顔面マヒかもしれない。」と言われ、それから40日間毎日点滴治療を受けました。
医師に言われた通り、左側の顔面がだんだん動かなくなり、ついには左まぶたが全く閉じない状態になりました。
新潟大学でマヒ状態を調べてもらうと、原因は菌で、それもたちの悪い菌だと言われました。薬がだんだん強くなっても麻痺の状態が全く良くならないので、最後の手段として医師から「どこまで回復するかわからないけど。」と言われながらも手術を勧められ、それしかないと思い承諾しました。
 そして点滴治療もやめて手術の日を待っている間、友人から官足デトックスニュース6月号で顔面神経性マヒが良くなった人の話を聞かされ、官足デトックスに行くことを勧められました。
 最初に治療を終えた時、左側の鼻から長い間出ていなかった鼻水が出たのには驚きました。そして6回目で左の鼻の筋肉が動き、続けて来たいところでしたが、手術のため入院する日になり、予定通り入院しました。
 入院してもバードガシュタイン鉱石を左顔面に当てていましたが、まさに手術の日、手術直前の検査で顔面が少し動くことがわかり、手術のリスクを負う必要はないということで、その日に退院することになりました!
 退院後も官足デトックスで治療を受けるうちに、左まぶたがだんだん下がるようになり、とうとう軽く目を閉じられるまでになりました。マッサージは痛くてたまらず、時には悲鳴が上がりましたが、それでも家に帰ると足の裏が軽くなり、頭も楽になってきました。同じ箇所のマッサージの痛さも以前ほど痛くなくなってきています。
 手術もせずにここまで回復できたことで、驚きながらも本当に感謝しています。そして、官足デトックスを私に教えてくれて、毎回遠路田上まで送迎してくれた友人にも心からお礼を言いたいです。



仕事に行けないほどひどかった腰痛が
良くなって職場復帰ができた
KMさん(55才)加茂市在住

私は、もともと首が硬く、そのせいかよく腰痛が出て、悩まされました。特に今の仕事に就いてからは、5年くらい前から定期的に腰痛が出ていましたが、しばらくすると治るので、病院にも行かずにそのままにしてました。
 ところが、今年のゴールデンウィークから腰痛がひどくなり、それは、ゴールデンウィークが終わっても全く収まりませんでした。あわてて病院に行きましたが、毎日通っても痛みのひどさは変わらず、一日中ベッドの上に寝て過ごしていました。
 このような状態が何日も続くので、「このままだと会社を辞めなければいけないかもしれない。」という思いを持つようになり、心の中が暗くなっていきました。
 そのような時、義弟から官足デトックスのことを聞きました。昨年義妹の腰痛が官足デトックスに行って一度で治ったので、だまされたと思って行ったらどうかという彼の言葉を信じて、だまされたつもりで行ってみることにしました。
 初めに官足デトックスの先生から「毎日通って来れば、10回くらいで仕事に復帰できるようになります。」と言われました。そして、足を始め全身のマッサージをしてもらいましたが、その痛さと言ったらまるで足や首がもげるような感じの痛みが走り、特に首はさわられただけで激痛が走り、思わず「止めてくれ。」と叫びました。「全く他人の足だと思って痛くして。」と半分怒りながら帰ってきましたが、しかし、なんとか良くなりたいと思い、続けて通うことにしました。
 すると、3、4回目あたりから、腰の痛みが少しずつ薄らいできたように感じられました。そしてそれに伴って、マッサージの時の痛みも少しずつ和らいできました。そうなると、仕事に復帰できるのではないかという期待が少しずつふくらんできました。
 途中どうしても半日立ち続けなければならないことがあって、腰痛が悪くなるのではないかと心配しましたが、それも乗り越えることができました。そして12回通って仕事ができる状態になり、ついに6月1日から会社に復帰しています。
 長時間首を傾ける仕事なので、仕事を終えると今でも腰が重くなりますが、マッサージをしてもらうと、次の日腰が軽くなり、あの時のような痛みは出てきません。あの時やめないで、マッサージの痛みをこらえながら続けて本当によかったと思っています。

     


やめたかった薬の量が大きく減った
HSさん(60才)三条市在住

 昨年11月に突然頭あの左側がクラッとなって病院に行きました。三半規管に耳石が入ったのではないかとおいうことで、静脈注射を受け、薬をいただきましたが、変化がなかったので大学病院に行き専門の先生に診ていただきました。
 しかし、検査をしても異常がなく、4種類の薬を処方されましたが、よくなった感じがありませんでした。自分としては、薬をやめたい気持ちがありましたが、どうすれば薬をやめられるかわからないまま過ごしていました。
 そんな時、10月に姉から紹介されて官足デトックスに来ました。足のマッサージを受けると、身体が悲鳴を上げて動くので、なかなかマッサージが進みませんでした。けれども、どうしても薬をやめたかったので続けて通い、ゴツゴツした足踏板を踏んでマッサージできるようになると、急に良くなり、棒でマッサージされても痛みが弱まり、薬を減らしても大丈夫になりました。
 今では、薬は1日1錠の4分の1だけで安定し、眠れるようになりました。1日10錠飲んでいた2ヶ月前と比べるとすごいことです。このまま薬が全くなくなる日を夢見ています。
 (HSさんは、この数週間後には薬を全部やめました。)

     


パーキンソン病 歩き方が良くなった
NRさん(69才)加茂市在住

 5年前に手が震えだして、病院に行きましたが、原因がわかりませんでした。3年前に九州の先生が東京にいらっしゃるというので、東京に行って診ていただき「パーキンソン病」と診断されました。
 その時「現状維持が大切ですよ。」と言われましたが、どのようにすれば現状維持になるのかわからず、はりに行ったり、病院でもらう薬を飲み続けましたが、手の震えだけでなく、足もおぼつかなくなりました。それで三条市にある同じ病気の集まりの「はつらつ会」に参加するようになりました。
 今年の6月に官足デトックスを知り、通い始めました。そして9月の「はつらつ会」でリハビリの先生の前をみんなが一人ずつ歩き、歩き方を見ていただくことになりました。
 その時私が歩くと、私の歩き方を見ていた人から「普通の人と変わらない。」と言われ、先生も「そうだね。」と言ってくださり、うれしいと同時に他の方々にすまないような気持ちになりました。足のマッサージンの効果が見えてきたのだと思いました。
 血をきれいにし、血の巡りを良くすることはとても大切だと思います。岩盤は、私にとって癒しの場となっています。

     


重い腰痛が良くなった
IKさん(73才)新潟市(旧小須戸町)在住

 10月の末、嫁に連れられて官足デトックスに来ました。
 その時の私は、糖尿病もありましたが、とにかく腰が重く、立っていても漬け物石をしょったように重くなり、座ってしまう状態で、寝る時も痛みがあり、心も重くなる毎日でした。整形外科で牽引していただいたり、薬を飲んだり、また痛い時には毎日治療院に電気治療に通いましたが、良くはありませんでした。幾つかの健康器具も買いましたが、それも続かず、効果を感じるほどではありませんでした。
 それが官足デトックスに通い始めて3回目ぐらいから様子が変わってきたのです。手と足首がずっとむくんでいたのですが、不思議なことにむくみがとれて、からだが軽くなってきました。そして、あれだけ痛かった腰の痛みと背中の左側の痛みが全くなくなってしまったのです。
 私は、嫁の勧めに従って、一歩踏み出して通い始めて本当に良かったと思っています。一歩踏み出して今の私があることを実感し、皆さんにお勧めしたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional